うつの原因にもなる危険な強迫性障害|専門クリニックで改善できる

行動療法の効果

女の人

近年多くの心療内科などに導入されている治療法といえば、認知行動療法が挙げられます。薬剤を使わずに、特定の行動を行なうことで精神的な疾患を治すことができるので、体にも影響がないとして多くの人に選ばれています。認知行動療法とは、意識的、無意識的に行なう一定の行動を繰り返し改めさせることで、精神病を改善させる治療方法です。強迫性障害であれば、何度も戸締まりを気にすることや、過度に手洗いを行なうことなどの行動が見られるものです。認知行動療法を行なう医師は、特定の強迫性行動を行なうシチュエーションを再現し、その上で行動をさせないように阻害することで治療を行ないます。通常、強迫性障害となれば特定の行動を自分で止めてしまうと、強い恐怖心や不安感を覚えるものです。第三者である医師の手で強迫性の行動を止めさせれば、患者は状況を理解しようと客観的に自分の行動を見つめ直すため、徐々に行動を止めさせることができるでしょう。重度の強迫性障害を抱える人は、死に近い恐怖に追われ、特定の行動を行ない続けます。医師の手で強制的に止めさせれば、行動を止めたとしても命を脅かされることはないと実感できるので、次第に恐怖心や不安感を薄めさせることができるのです。認知行動療法では、何度もこうした行動の抑制を行い続けることで、次第に問題行動や精神的な負担を抑えることができます。長い年月のあいだ強迫的な習慣として身についた障害ですから、逆に特定の行動を行わない習慣を身につけさせることで、症状の改善と再発の防止ができるのです。

心療内科などでは、このような認知行動療法と共に、患者さんに治す意欲を持たせることでの治療も行ないます。認知行動療法の間に治療の効果や治療中の気分などを記録させるので、治療によってどれだけ治りつつあるのか、患者に実感させてくれるのです。一般的な傷病とは違い、精神病は病を患う本人にも、どれだけ治っているか実感するのが難しいものです。治療中も気分などにそれほど変化がないため、本当に強迫性障害が治療によって治るのか、疑ってしまう人も多いのです。治療への疑念は患者自身にネガティブな感情を与え、治療の放棄や病が治らないことでの絶望感から、さらに症状が悪化してしまうのです。心療内科では、毎回の治療の結果をしっかりと記録することで、どれだけ改善に近づいているかを教えてくれます。グラフを使用して視覚的に効果を見せてくれるので、患者の多くはポジティブな感情を持つでしょう。精神病の治療する場合、患者自身の治そうとする意欲が重要となります。心療内科で治療を受け続けることで、医師と一緒に治療へ前向きに取り組むことができるでしょう。